心臓を抑えて血圧測定で数値を下げる動画と説明

理屈としては、心臓を肺と腹部で抑えつけることで一時的に血の放出を止める方法です。 血圧測定の原理は、腕にカフを巻いて空気を送って圧迫させます。 普段は「コトン」と音を立てている脈動がカフの圧迫により音(コロトコフ音)が止まります。 少しずつカフを緩めていき、最初に脈動の音(コロトコフ音)が鳴った時点が「最高血圧(収縮期)」になります。

血圧測定で数値を下げるには、カフが緩まっていく時に脈動がなるべく遅くなるようにすれば良いことになります。 それには心臓から流れ出る血の量が少ない方が良いわけです。 この動画では、空気を一気に吸い込んで「肺」と「横隔膜」と「腹」で心臓を圧迫させることで動きを一時的に止める、ヨガ行者の方法に似たものです。 大きく吸った息をみぞおちに向けて押し込むようにして血圧測定の最中は息を止めておくのがコツになります。 これだけで最高血圧を30~40mmHg、最低血圧も10mmHgは下げることができるとのことです。 練習無しで本番で成功させるのは難しいようなので家庭用の血圧計で練習してからにしてみましょう。 ただし、これを使いすぎると本当に降圧剤の処方が必要な症状なのにすり抜けてしまう裏技なのでほどほどにしましょう。

炭酸水で血圧測定で数値を下げる方法

2013年のNHKの「ためしてガッテン」で炭酸水のパワー紹介で「血管拡張作用」があるという内容が放映されました。 コメンテーターたちの最初の反応は「だから固形の入浴剤に炭酸が入っているんだ!」との一言でした。 理屈は述べてませんでしたが、炭酸水が体内に入ると酸素不足と勝手に判断されて血のめぐりが良くなり血管が拡張して血圧測定で数値が下がるという原理です。 炭酸はお風呂でも皮膚から体内に取り込めるので、飲んでも浸ってもどちらでも効果はあります。 血圧測定で下げる直前の対策で可能なのは炭酸水を飲む方になるかと思います。

血圧測定で下げる時間帯は食後が良い

病院の検査は食事をしないできてくださいという注意が多いので、健康診断では朝食を抜いていくのが一般的です。 血糖値なのの採血検査には食事しない方が良い結果のデータが多いです。 しかし血圧測定を下げるには食後の方が良いというのは、食べ物を消化しようと体内で血流が活発になり血管拡張が起きる仕組みからです。 また血圧の数値の影響はストレスも関わっていて、空腹時だとリラックスできてない状態ですが食後だとストレスフリーになります。 予め血圧測定だけと分かっていてその他に検査がないのでしたら、1時間目くらいに腹八分目で食事をした方が低い結果が出やすくなります。

 血圧の正常値【20,30,40,50,60代】

米英で人気のビートジュースで血圧測定で下げる

日本では馴染みが少ないですが「ビート」という野菜の根をジュースにしたものが海外では健康飲料として流行しています。 アメリカの大学でも血管拡張の効果があると発表されていて、血圧測定で数値を下げるのに役立つ飲み物です。 一流スポーツ選手が筋肉の血流量を増やす目的や酸素循環の促進で愛用しているようです。 日本のAmazonでも販売していて1本1300円程度で購入できます。 購入者のコメントを見ると「味が不味い」「鉄分不足が目的」という内容が多かったです。

 血圧を下げる【薬やサプリメントの効果ランキング】

首にタオルを巻くことで血圧上昇を防ぐ

マフラーやネックウォーマーの役割は首を冷やさないことが目的になります。 人間の首の部分には体温調整を司る「AVA」(動静脈吻合)という部分があります。 首が冷えると体温を上げるのに血圧が上昇しやすくなるので、タオルなどを巻いて冷やさないようして血圧測定で数値を下げるようにします。 冷房が効いた部屋で長時間待つようでしたらネックウォーマーを持参して暖めておくようにしましょう。


 血圧を下げる一覧【食べ物や方法】20mmHgの効果

このページの先頭へ